鰭酒、どうですか?飲んだことありますか?私は嘗める程度ならあるような…
毎年、忘年会が河豚なので、みなさんの飲む鰭酒を相伴したような…
どちらにせよ、飲めないので味も何もわかんないくらい少量だったなぁ。

さて、そんな思い出薄い鰭酒、なのに結構送った私、なぜ?笑

というわけで、いつものように掲載順にご紹介。

人選
先考と鰭酒交わす四畳半 パッキンマン
二色刷のビラ鰭酒の発火点 江口小春
鰭酒や妻はおかめに似てをりぬ 深草あやめ
鰭酒と眺む隣の痴話喧嘩 真宮マミ
山を下りきて鰭酒の蓋をとる 豆闌
並選
鰭酒に前のめりなる背広たち 瀬波秋鮭
鰭酒や喉の奥には八代亜紀 福良ちどり

人選
鰭酒や遺影も墓も決めました ももたもも
鰭酒やイジェンに青き硫黄臭 亀田荒太
縒れたくちびる鰭酒を吸うており 月の道
ぬくぬくと生きて鰭酒の甘し 豆田こまめ
運勢は大器晩成鰭酒来 立川六珈

おお、なかなかに優秀ですね。
ではとっととエグコメ。

・パッキンマンさん:「先考」わかりますか?もちろんわからなかったので調べました。「亡くなった父」のことだそうです。四畳半でもう見えてきますよね、この人物の人生。
・小春:あれです、なんかこう「印刷」句を作ってみたかったのでした。笑 このシリーズはこれからも続く、はず。笑
・あやめちゃん:時々こういう悪い感じの作るよなぁ。笑 おかめとかしかも妻のこと言うたらんといて〜あ、でも愛嬌あってこれは良い意味で、おかめ、なんかな。笑 で、自分はひょっとこみたいに決まってる。笑
・マミさん:あるある、飲み屋で痴話喧嘩。すぐ隣なのかなぁ、逆に見にくいかも笑 昔ランチ食べに行ってカウンターの隣で10$の浜本が女の人と居たけど、もう、逆に見られへんかった。笑
・豆闌さん:どんだけ酒飲みやねん!と突っ込みたくなりますね。山降りてすぐ鰭酒て。あれですね、山と海の近い所なんでしょうね〜
・鮭ちゃん:なるほど…背広たちかぁ。サラリーマンが何人かということの比喩だとは思うのですが…普通…笑
・ちどりさん:鮭ちゃんが普通に思えるのはちどりさんのせいやな。笑 八代亜紀て!喉の奥に八代亜紀て!久しぶりの衝撃でした。笑 いい悪いは越えてます。笑
・ももちゃん:そうなんですね。もう決めたんですね。私も遺影は決めてあるのですが、軽く20年前のなのでそろそろ撮り直します。笑
・荒太さん:イジェンってなんでしょう。インドネシアジャワ島にある火山だそうです。青い炎、青い溶岩なんだそうです。なるほど、その青と鰭酒に火を点けた時の炎の色ですね。その山や炎や溶岩を青といわず目に見えない「硫黄臭」が青いとした所に詩がある…の?笑
・月のみっちゃん:「縒れた」読めましたか?私はググりました。「よれた」です。女の人が「よれたくちびる」と聞くともうこれは口紅が「縒れて」ると想像しますよね。実際どういうのが縒れた、なのかわかりませんが。笑 なんとなく、赤くて縒れたくちびるが表面張力の鰭酒を吸ってる、感じですけど、なんでだろ、エロくはないな。笑
・こまめちゃん:おお、等身大。笑 普通鰭酒というと男臭い感じだとか、逆にエロい女の人だとかイメージしがちですがぬくぬくと生きてる人、が飲んでも鰭酒は甘い。もしくは、そういう人が飲むと、香ばしい鰭酒すら甘い。これやっぱり「甘酒」とかだとダメだと思うんですよね。
・六珈ちゃん:いるいる、大器晩成とか言う人、言われる人!飲み屋の風景ですね〜手相とか見てる感じですね。ちなみに、私は大器晩成とか言われたことないです。笑 能ある鷹は爪、出しっ放しです。笑 爪出しっ放し…それはあほの鷹では?笑


という訳で、休日返上で働いているので、更新できたよ。
これから仕事頑張ります!

[PR]
# by yumyum308 | 2017-11-23 14:03 | 俳句ポスト | Comments(6)
今回の兼題は「東予」タウンページ企画らしいです。
東予のイメージを俳句にするそうです。

え〜全くわからん。
調べました。
今治とかがあるそうです。以上。笑
で、この兼題の締め切り前に私、松山に居りまして。
出逢った人に「今治といえばタオルですよね?」と聞いたのですが
みな、キョトンとしていてあまり向こうでは今治=タオルではない模様。
なのになぜ、あんなに観光地にショップがあるのだ!
毎回、買ってしまうのだ!笑
最低でも一年に一度は松山に行くので(正月辺り)必ずバスタオルとフェイスタオルを買って
一年、それで過ごします。
なんか、他であまりみない可愛くて肌触り最高なやつがいつもあるんですよ。
今回も購入、来年用に置いてます。笑

で俳句。笑


方言を教わる夜長休暇村 江口小春


ググったら「休暇村」なるものがあるそうで。
なんだか楽しそうな所でした。宿泊施設とキャンプ場があるそうで。
私、旅に出たらだいたい、誰とでも仲良くなるのですが(あ、出なくてもか。笑)
言葉フェチなので、その土地の方言を覚えたいのです。笑
火の側で教わる方言(したことないけど、キャンプイメージ笑)いいなぁ。
組長が来てくださ〜い!吟行合宿したら楽しいよ〜と言ってたのでいつか本当に行ってみたいな休暇村。



他にもバリィ絡みのを沢山送ったのですが(珍しい)さすがに一番普通のやつでした。


[PR]
# by yumyum308 | 2017-11-22 10:39 | 一句一遊 | Comments(4)
はい、金曜日も更新ですよ〜



冬薔薇棘のひかりを強うせよ 立川六珈



おお、真っ向勝負の「強い」で、きましたね。
命令形が美しいとは組長談。
全体的に強い。
冬薔薇がそもそも強いしな。
棘も強い。
冬の薄い光を集めて強く光る棘を持つ冬薔薇が浮かびますね。

さすが、冬薔薇という季語が好きだと言うだけはある。
凜とした空気が一句の中にパックされてるし
あと、やっぱり、応援してる気がするバラを。
冬に負けるな〜って。

私も毎年思うんです、いつまでも咲いてくれてる薔薇を見る度に
「なにもこんなに寒いときに咲かんでもええのに」って。
応援したくなりますね。

「強うせよ」と命令しつつ願いつつ。寒さに負けず咲けよって。

良い句だと思います。

[PR]
# by yumyum308 | 2017-11-17 12:50 | 一句一遊 | Comments(7)
木曜日ですが水曜日の残りとしてご紹介。

紹介順に。



強面の男の愛づる室の花 深草あやめ



「強面」も結構投句ありました。あやめちゃん忙しいのにちゃんと送ってたのだね。
送ると読まれるのはさすが、です。
室の花(室咲き)とは温室の花ということです。
想像するとシュールな光景。笑
ゴルゴ13みたいなのを想像しました。突然、温室の奥から敵が襲ってきそうです。笑

そして、おたより紹介とのことでお子様との楽しい俳句生活の報告の後に



勉強なんてしなくていいよ鰯雲 豆田こまめ


優しいおかあさんですね〜心ではそう思っててもやっぱり「勉強しなさい」とは
言うんでしょうね。
おかあさんだから。

そいうえば、松山に行った時に「こまめちゃんは豆闌さんの子供?」と聴かれましたが
ちゃんと「違う」言うておきました。
違いますよ。笑
豆ついてるだけなので。笑

つーか、私、お便りも紹介されなかったけど…
「東予」には全く自信がないので(ひさしぶりの月曜日かも)「強」で読んでもらわないと…
明日かなぁ…そうかなぁ…どうかなぁ…笑

[PR]
# by yumyum308 | 2017-11-16 13:21 | 一句一遊 | Comments(11)
ごめん、ごめん、これ旅行前、めっちゃ仕事でバタバタしてた時に発表されてて
すっかりそのままになってた!



横這や一族揃い塩むすび ももたもも


塩むすびが綺麗ですね、とは組長談です。

この横這(虫)はイネに付くそうで。
そこからのおむすびかなぁ。
横に並んでる訳ではなさそうですが、なんとなく横一列に一族が並んでそう。笑
みんなで田んぼの仕事してそうです。

難しい兼題だったのに、上手く身近に引き寄せましたね!

なんて時々普通のコメントもしてみよっと。笑

[PR]
# by yumyum308 | 2017-11-15 13:29 | 一句一遊 | Comments(2)

なん茶って句会の活動報告


by 小春